ブスの境界線ってどこから?ブスに見られる人の特徴

ブスの境界線はここから


見た目を評価する際に「美人」「可愛い」「ブス」などに分けることができますが、ブスの基準って一体何なのか気になりませんか?

例えば、どこからが美人でどこからかブスなのかと聞かれたら、正確に答えるのは難しいですよね。

「ここからがブスです!」とはっきり決められているわけではないですし、ブスの基準は曖昧だったりします。

しかし、みなさんの中にもなんとなく「こういう人がブスだな」と思う、境界線のようなものがあると思います。

正当な基準はないものの美人とブスには境界線が存在するので、ブスに見られる人の特徴について考えていきましょう!

まずはブスと言われる人の外見の特徴を挙げていきます!

  • 髪の毛がボサボサ、プリンが目立つ
  • ファッションに無頓着
  • 肌が汚い
  • メイクが適当

ブスかどうか判断する上で、「見た目」は重要になってきます。

上記で挙げた特徴は、ブスに見られる人の共通点ですね。

見た目というと顔のパーツやバランスも含まれますが、その他に髪型や服装なども影響します。

髪の毛がボサボサで服装が適当だったらだらしない印象を持ちますし、肌が汚かったり、メイクが適当な人も美人であるとは言い難いです。

対して美人と言われる人は、髪の毛が綺麗、服装にも気を遣っている、肌艶が良くてメイクも丁寧なイメージがあります。

このようにブスの境界線は、美人の特徴の逆ということですね。

内面のブスの境界線


上記では外見の特徴を挙げましたが、実はブスは外見だけの問題ではありません。

ブスに見られる人は、外見の他にも内面が大いに関係してきます!!

次は内面のブスの境界線について見ていきましょう。

内面のブスの特徴は以下の通りです!

  • ワガママで自己中心的
  • 人の悪口を言う
  • ネガティブになりがち

人よりも自分を優先するようなワガママで自己中心的な人は、全然素敵に見えません。

自分さえよければ後はどうでもいいというような考え方を持っている人は、完全に内面ブスですね。

そして、人の悪口を言う人もブスの典型的な特徴として挙げられます。

人の悪口ばかり言う人は、いくら顔が整っていても印象が悪いです!

それから、常にネガティブな人も同じです。

「どうせ私なんか・・・」というような言葉が口癖になりがちなんですが、ネガティブなことばかり見せられても人は良い気分にはなりません。

ブスと言われた時の上手な切り返し方はこちらで紹介しています!

ブスの境界線は人によって異なることも


ブスに見られる人の外見、内面の特徴を挙げましたが、これはあくまでも私の主観や一般的にネットで見られるものです!

なので、これらがみんなが同じ意見になるというわけではありません。

人によって見た目の好みは違いますし、内面に関しても「これは気になる」という人もいれば、「別に気にならない」という人などさまざまです。

外見についての境界線は共感してもらえたとしても、例えばワガママで自己中心的な内面でも全然問題ない!という人も中にはいるでしょうしね。

今回紹介した特徴はブスに見られる人に多い特徴ではありますが、人によって境界線が変わってきます!

特徴が当てはまっていて「私ってやっぱりブスなんだ!!!」と思った人でも、見る人によってはあなたが魅力的に感じるということもありますよ。

ブスの境界線を超えないようにしよう


「どこからがブスなのか?」という疑問については、正当な基準があるわけではないので言い切ることはできません。

それに、人それぞれ好きな見た目、内面は違ってくるので、ブスの境界線も見る人によって変わります。

ただ、はっきりしているのはブスに見られる人は外見だけではなく、内面も関係しているということです!!

いくら顔が整っていても、ワガママだったり、人の悪口ばかり言ったり、内面がブスだったら意味がありません!

外見ももちろん重要ではありますが、内面もしっかり磨いていくことが大事です♪

相手に良い印象を持ってもらうためにも、ブスの境界線を超えないように意識しましょう!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!